介護サービスをどんどん利用できない方向へ・・・「介護予防」と聞こえはいいけれど。

迫りくる超高齢化社会を前に、介護人材や介護施設の不足、そして高齢者の方たちが介護制度を利用することがますます困難になると様々なメディアで報道されています。

読んでいるだけで暗澹としてくるので、最近はそうした記事を読むのも怖いくらいなのですが、今日もネットで「安倍首相が『介護予防』という見解を打ち出し、高齢者が介護施設を利用できないようにする体制を事実上、促進しようとしている」といった旨の記事を見つけました。

高齢者の自立支援、介護予防と、最近確かに政権が喧しいイメージです。しかしこれまで、高齢者が自分の健康を維持できるように支援するならいいことじゃないかな?とか、そもそも介護が必要にならないように健康を保つ心がけは大事じゃないかな、と軽く考えていました。

しかし実際に記事を読んでみると事態は生易しいものではなく、介護保険財政のあまりの厳しさに、高齢者が利用できる介護制度を国がどんどん利用できなくしようとしているらしいことがわかりました。

介護施設などを利用できる基準がどんどん引き上げられ、介護施設に入れなくても、実際には在宅介護は不可能だというお年寄りが、これから爆発的に増えることが予想されるのだそうです。

お金がないと老人ホームに入れない

特別養護老人ホームに行けなければ民間のホームに行くしかありませんが、そもそも裕福な人ばかりではありません。そうなればどうするのか、お金がない人はのたれ死ぬしかない事態がすぐそこまで迫っているのか・・・正直、めまいがしました。

団塊の世代は75歳を迎えるのは2025年ですが、その山を越えてもその後もますます介護を取り巻く状況は厳しくなり続けるでしょう。今でさえ、老々介護や認認介護などで疲弊する人が増加の一途をたどっているのに、団塊ジュニア世代である私などが老齢となったころにはどんな社会になっているのか想像もつきません。

国の無策のために、おぞましい老後を余儀なくされる国民の無念を、いったいどれほどの為政者が理解しているのでしょうか。真面目に生きてきても、人間の尊厳を保てない老後を押し付けられるなんて嫌だ、と心から思いました。

千葉老人ホーム有料介護施設

保存

お友達のお誕生日!みんなで集まってパーティー

クラッカー

今日は、お友達のお誕生日で、会う約束をしていたので、みんなで集まって、プレゼントを渡すことにしました。それぞれ買ってきて持ち合うので、中身が何かわからないので、もしかしたら誰かしら被っているかもしれないので、誰も思いつかないものをあげることにしました。

友達の好きなものだときっとかぶってしまうので、わたしは持っていないものを買うことにしました。持っていないものといったら、なんだろう?と考えたところ、いつも持っているバッグが、ショルダーみたいなものだったので、普段持てるバッグにしてあげることにしました。

お店に行って見ると、たくさんバッグがあって、どれにしたらいいのかかなり悩みました。
そんな中、最近の流行りは、クラッチバッグだと教えてもらったので、クラッチバッグを買うことにしました。

高いものもたくさんある中、リーズナブルなものもあったので、気を使わないぐらいの値段のもので決めました。なかなか、男性もののお店を見に行くことがないので、流行り物のバッグを聞いたりして、買い物に行くのがとても楽しかったです。

ラッピングを待っている間も、店員さんが気さくに話しかけてきてくれたので、待ち時間も暇をしなく、とてもいいお店だなぁと思いました。お誕生日会は18時からでみんな盛り上がって、プレゼント渡しもとても楽しい時間となりました。誰ともプレゼントがかぶらなかったので、ホッとしました。みんなの、考えてきたプレゼントもとても素敵でした。

保存

野菜素麺+肉巻きが夏の定番メニューです

この夏もよく素麺を食べました。暑いと食欲がなくなるし、作るのも面倒になるので、ついつい、素麺に手を出してしまいます。最近、気に入っている食べ方は、野菜を乗せるもの。きゅうりは必ず入れます。

あまり薄く切ってしまうと歯ごたえが楽しめないので、ある程度の厚みで輪切りにし、塩もみして余分な水分を抜いておきます。あればトマトをある程度細かく刻んで。玉ねぎも辛さを抜いて、荒いみじん切りにします。これらをボールに入れ、少しだけ塩を振り、ごま油適量で和えておくんです。

これを、茹でて冷やした素麺の上に乗せて、麺つゆをかけるのです。薬味がなくても十分、美味しいですが、あれば、紫蘇やミョウガを千切りにしたもの、白ごま、すりおろした生姜がおすすめ。さっぱりしていて食べやすいし、野菜もたくさん食べられるのでヘルシーですよ。

これだけだとちょっと物足りないので、おかずによく作ったのが、肉巻きです。ニンジンやジャガイモは細切りにして軽く茹でておきます。ピーマンやナスなんかでも美味しいですよ。巻くためのお肉は我が家では豚のバラ肉が定番です。下ごしらえした野菜に豚肉を巻き、軽く片栗粉をまぶしておきます。

肉料理おすすめ

こうすることで、せっかく巻いたお肉が端からはがれていくのを防げますよ。味付けは塩コショウだったり、焼き肉のたれだったり、そのときの気分で変えます。そんなに手をかけずに、1食分、作ることができます。もし今夜の夕飯メニューに悩んでいるようでしたら、お試しくださいね。

やっと寒くなってきた!ファンヒーターとストーブの出番

今年の残暑は、かなり長引きました。全国各地で、異常気象の影響が出て残念です…。有名な作物の地域では、不作や味への影響も心配されています。

日本の名産物は、季節のある日本「春夏秋冬」の楽しみの1つです。何かが欠けると非常に寂しいので、生産者の方には頑張って頂きたいです。現在、ようやく冬に近づきつつあるのですが…秋が無かった様な気がしますね?

いきなり夏~冬へ突入したので驚いています。我が家では、扇風機が稼働しながら暖房器具を出しています。変な風景に、家族皆で苦笑いしています。こんな気候は、年配者や小さいお子さんのいる家庭は大変ですね?

湿度管理や温度管理は、正直分からなくなってしまいます…。電気の暖房器具なら直ぐ使えて良いのですが、問題は石油暖房器具です。そう「ファンヒーター」と「ストーブ」ですね?

これらは、毎年付けるタイミングが難しなってきそうです去年は、かなり先走って「埃まみれ君」でした。そこで、今年は粘りに粘って我慢した状態になっています。

しかし、これは北海道や東北地方の方には出来ませんね?温暖地域とは、寒いのレベルが全く違い過ぎますから…。そろそろ、冬将軍も到来しそうです。エアコンも便利ですが、やはり「化石燃料」には敵いません。

これから、頻繁な灯油の運搬が始まります。暖かい家庭を守る為には、我が家では「化石燃料」は必需品になっています。最近のソーラーパネル事情も羨ましいですが、まだまだ灯油の恩恵を大事にしたいですね!

ファンヒーター 良い メーカー

保存

保存

デイケアでフレンドリーに参加。やっぱりコミュニケーション力が大事

退院してから約二ヶ月と三週間。今日は早めに出てデイケアのフレンドリーというプログラムに参加してきました。フレンドリーとは「他の人とのコミュニケーションを円滑に」をモットーとしたプログラムで、実際のシミュレーションなども含めて勉強する場です。

今日はそのシミュレーションにも積極的に参加して、勉強してきました。今日のテーマは「不快な出来事に遭遇した時に相手に伝える」で、イライラや怒り、悲しみを感じた時にどういった風に伝えるべきかを考えてきました。

今回の場合、まずは「自分の精神を落ち着ける」もしくは「さっぱり忘れる」から始まり、「自分が何に不快になったのか」、「不快になったことをどう伝えるか」を順番に考えてやってみました。

私の場合は「ゲームの話題で不快にさせる」という役割だったのですが、不快にというよりアドバイスをいろいろと話して、なんだか立場が逆転しそうになっていました。

FPSの「コールオブデューティー」の話でしたし、キル/デス比率が1になったということで、キャプチャーザフラッグなど他のモードにも挑戦してみないかということや、キル/デス比率はチームデスマッチだけだとつまらないと言おうとしたのですが結局言い切れず、なんだか逆に褒められてしまいました。

嬉しいやら恥ずかしいやらです。こういったコミュニケーション、家ではうまく出来ないのですが、こういった練習も時には大事だなと思いました。家でもうまくいけばいいんですけどね……。

専業主婦がクレジットカードを選ぶ基準

保存

公園、IKEA、サーモンフェスティバル。いっぱい遊んだ3連休

カレンダーの休みとは全く関係ない仕事をしている主人なのですが、今月は珍しく土日休みがたくさんありました。最終週は金曜日からの3連休だったのですが、天気にも恵まれたので色々と遊びに出かけてきました。

金曜日は子供が幼稚園に行っている間に買い物とランチを済ませ、買い物した荷物を持ったままお迎えに行きました。家に帰って荷物を降ろし、幼稚園の制服から私服に着替え、車に自転車3台とヘルメットを積んで公園に遊びに行きました。

自転車で遊び、公園の遊具で散々遊んだ後、IKEAに晩ご飯を食べに行きました。サーモンフェスティバルをやっていたのでそれを堪能し、子供用の色鉛筆とジョウロを買って帰ってきました。

次の日は朝から高速道路に乗り、小淵沢にある自転車のコースに遊びに行ってきました。うちの子供たちと同じ位の子供も何人か来ていたので、子供たちは仲良くなれましたし、私もママたちとおしゃべりできたので退屈しないで過ごせました。

主人は子供にコースの走り方や身体の使い方を教えながら自分でもたくさん走っていました。帰りも早めに出たので渋滞に巻き込まれる事なく帰ってくる事ができました。3連休最後の日はお弁当を持って公園に遊びに行きました。

公園内に芝生の広場があるのでそこにレジャーシートを広げ、お弁当を食べました。子供たちは芝生滑りに夢中になり、せっかくのお弁当も中途半端に。芝生でいっぱい遊んでから遊具のある広場に行き、洋服が真っ黒になるまで遊んできました。帰りの車内で子供たちは爆睡でした。

専業主婦がクレジットカードを選ぶ基準・選び方について